アロマテラピーとは

アロマテラピー(芳香療法)

ハーブと呼ばれる芳香植物、柑橘類やその花びら・樹皮などを水蒸気蒸留と低温圧搾法により抽出した精油を利用して、
心身の健康に役立てる植物自然療法です。
お客様の好みのエッセンシャルオイルの香りは、呼吸を深くし、安心感を与えます。

精油(エッセンシャルオイル)が体内に入る3つのルート

精油の芳香成分(芳香分子)はおもに3つのルートで
体内に取り込まれ心と身体に影響をあたえます。

1. 鼻から脳へ

嗅覚を刺激して脳の大脳辺縁系(感情や記憶・本能的な活動をつかさどる)
に香りの情報が送られ自律神経・内分泌系・免疫系をコントロールする
視床下部に刺激を与え、心と身体のバランスを整えます。
精油の芳香成分は情報の担い手として直接脳に働きかけてます。

2. 鼻から肺→血液中へ

呼吸を通して肺に送り込まれた香りが肺から血管に溶け込む作用もあります。

3. 皮膚から血液中

皮膚を通して直接精油の成分を吸収する方法としてマッサージをします。
キャリアオイル(植物性油脂:当店はホホバオイル・アプリコットカーネル・アルガン・ローズヒップを使用)に精油を加えたオイルを使い皮膚をに吸収させる最も効果的な方法です。1%〜3%までに希釈したブレンドオイルを使用します。